トップ仮

安心の終活をプロデュース★ 生前対策トータルコンサルティング

 

 
 

 

~ あなたは自分の「最後」って知っていますか? ~

 
年齢を重ねていくと、
「認知症になったとき」の “財産管理” “介護や医療についての判断や各種手続”
「亡くなったとき」の “相続人間の争い” “相続税の負担” “納税資金の調達” など…
不安なことが一杯。
 
でも、これらを全て元気な今なら、事前の準備・対策ができます!

ではなぜ、殆どの方が、ちゃんと準備・対策をしないまま、

手遅れ(=認知症発症)になってしまうのか?
 
→ 皆さん、中々決断ができないからです。
 
ではなぜ、決断できないのか?
 
→ 決断の本質を知らないからです。
 
では、決断の本質とは?(「決める」とは?)
 
→ 「捨てる」ことです。

選択肢A,B,Cがあったとき、あなたがAを選ぶ=B,Cは捨てることになります。

でもよく考えてください。
A,B,Cどれも選ぶことなく、手遅れになってしまったら…?
A,B,Cどれも捨てることになってしまいます。

あなた、そしてあなたの大切なご家族は、それでよろしいでしょうか?

下の図を見てください。

 
 
 
クドイようですが、元気な今なら、こちら全てをやることができます!

 私たちは、この中であなたはどれをやるべきか?
 あなたの決断のお手伝いをします。

 私たちと一緒に、考え、そして決めませんか?
 そして、全ての不安が解消して、あとは残りの人生を自由に楽しく過ごしてください。
 

 あなたの最後は、「今」です。
 明日、まだ生きている保証は、誰にもないのですから。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

よくご利用いただくサービス

 
 
 
 

民事信託ラウンジが選ばれる16理由

 
 
 

セミナーレポート

  • 2019/06/07
     松阪市のカリヨンプラザにて、生前対策についてお話しさせていただきました。         今回は、今までと違い’予算別’という新たな視点から、本当にやるべき対策とは?というテーマで         お話しさせていただい […]
    詳しく見る
  • 2019/06/07
     万松寺白龍ホールにて、認知症対策や争族対策についての事前準備の必要性を司法書士の観点からお伝えさせていただきました。          体が元気なうちにできる対策や、「もしも」の時に自分の意思や権利、尊厳を守るために準 […]
    詳しく見る
一覧を見る

民事信託ラウンジについて

2016年11月、名古屋丸の内駅に民事信託ラウンジがオープンしました。
事前予約制となっておりますので、お電話(0120-512-432)での事前お申込みをお願いいたします。

rororor

 

     

%e6%96%b0%e8%81%9e%e3%81%ab%e6%8e%b2%e8%bc%89%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f%ef%bc%81%ef%bc%88%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%89

 

民事信託の基礎知識

民事信託と商事信託の違い
どんな財産を信託することができるのか?
民事信託の設計方法
民事信託を活用する場合の費用
民事信託活用事例集プレゼント
民事信託必要度チェック

 

民事信託の活用ケース

認知症対策
相続対策
事業承継対策
親なき後問題対策

 

民事信託とその他の制度との違い

遺言と遺言代用信託、遺言信託の違い
成年後見との違い
財産管理契約との違い

 

民事信託の活用事例

お母様の認知症に備えるために民事信託を活用した事例
財産を障碍のある子に定期的に給付できる民事信託
相続対策継続のために民事信託を活用した事例
孫に特定の時期にお金を贈与するために民事信託を活用する事例
共有名義の不動産対策に民事信託を利用した事例


他業種ができる民事信託提案方法

不動産会社で活用できる民事信託
税理士事務所で活用できる民事信託
保険会社で活用できる民事信託
金融機関でできる民事信託
介護施設でできる民事信託

当事務所について

事務所概要
スタッフ紹介
料金
セミナー講師実績
司法書士コラム

 

 

こんなお悩み・ご希望はありますか?

  • 成年後見制度を利用したあとも、相続税対策をしたい方
  • 障害をもつ親族や子どもがおり、自身で財産管理ができないため、自分の亡くなった後が心配な方
  • 前妻や前夫の連れ子がいる、意思能力がない人がいる等、スムーズに遺産分割協議を行えない不安がある方
  • 株主が経営者1名のため、認知症になると経営がストップする不安のある方
  • 二次相続以降に資産継承に不安や特定の希望がある方
  • 不動産や株式を保有しており、相続が発生した場合、共有名義になる可能性がある方
  • 株式が経営者以外に
    も分散したい方
  • 経営権を引き継ぎたい
    が、贈与や譲渡すると
    税金が不安な方
ご相談