2018年11月28日「不動産仲介業者が知っておくべき認知症対策セミナー」を開催しました!

当事務所の代表司法書士 安立裕司と田中真由美がセミナー講師をさせていただきました。       
第一部は「高齢者の不動産取引について」何も対策をしていなかったらどうなるか」を、       
第二部は、「認知症対策の実例」について司法書士が事前に意思確認をしていれば       
本当に万全なのか」をお話させていただきました。       
約20名の方がご参加くださり、熱心にご聴講いただきました。       
ご参加くださった皆様、誠にありがとうございました。       
      

セミナーの最新記事

こんなお悩み・ご希望はありますか?

  • 成年後見制度を利用したあとも、相続税対策をしたい方
  • 障害をもつ親族や子どもがおり、自身で財産管理ができないため、自分の亡くなった後が心配な方
  • 前妻や前夫の連れ子がいる、意思能力がない人がいる等、スムーズに遺産分割協議を行えない不安がある方
  • 株主が経営者1名のため、認知症になると経営がストップする不安のある方
  • 二次相続以降に資産継承に不安や特定の希望がある方
  • 不動産や株式を保有しており、相続が発生した場合、共有名義になる可能性がある方
  • 株式が経営者以外に
    も分散したい方
  • 経営権を引き継ぎたい
    が、贈与や譲渡すると
    税金が不安な方
ご相談