民事信託プラン①認知症対策パック セカンドライフきらり

 

●特徴 illustration_04  

 自由な財産管理

 
●主な対象者  

 □子や孫に暦年贈与を考えている方
 □株が分散している会社
 □子供いる状態で再婚した方
 □争族対策をお考えの方
 □相続税対策を考えている高齢者

 
●主な効果

 ・認知症になった後も、財産を凍結させることなく自由に管理処分することが可能になります
 ・必要資産・承継資産・余裕資産にキッチリ仕分けして、計画的な資産管理ができます
 ・贈与税がかからずに、財産を子孫へ移すことができます
 ・分散した株式集約して会社の運営をスムーズにします

●費用

 30万円~
 信託財産額は1円から可能

※上記はあくまでサービスの一例となります。実際にはお客様のご要望等をお聞きして、個別にコンサルティングいたします。
※ご希望があれば、生前:民事信託と任意後見、死後:民事信託と遺言の組み合わせをコンサルティングいたします。
 この他様々なサービスがございます。まずはお気軽にご連絡下さい。なおご相談は、初回無料・予約制となっております。

こんなお悩み・ご希望はありますか?

  • 成年後見制度を利用したあとも、相続税対策をしたい方
  • 障害をもつ親族や子どもがおり、自身で財産管理ができないため、自分の亡くなった後が心配な方
  • 前妻や前夫の連れ子がいる、意思能力がない人がいる等、スムーズに遺産分割協議を行えない不安がある方
  • 株主が経営者1名のため、認知症になると経営がストップする不安のある方
  • 二次相続以降に資産継承に不安や特定の希望がある方
  • 不動産や株式を保有しており、相続が発生した場合、共有名義になる可能性がある方
  • 株式が経営者以外に
    も分散したい方
  • 経営権を引き継ぎたい
    が、贈与や譲渡すると
    税金が不安な方
ご相談